工務店で家づくりを始める前に!初めての人が感じるよくある疑問を解決!

このサイトでは、工務店によくある疑問を解消していきます。

一般的に、住宅購入を行う場合にはどういった形で話を進めていけばよいのかが良くわからないことも多いです。

特に、大手ハウスメーカーとの違いが判らない人は少なくありません。

サポートや在籍しているスタッフ、あるいはサービス内容から全て異なります。

目的に応じて、これらの業者の正しい選択をしなくてはいけませんのでまずはその違いを知っておく必要があります。

工務店で家づくりを始める前に!初めての人が感じるよくある疑問を解決!

工務店に対する疑問として、大手のハウスメーカーとの違いが挙げられます。

工務店というのは、小規模経営が基本です。

例えば、大手のハウスメーカーはブランド力が非常に高いので全国規模で事業を展開しています。

その影響で、全国一律に同じ質の高いサービスを利用できるという点で、安心感や信頼感があります。

一方で、特定の地域や小規模な業務形態でサービスを提供する工務店は独自色が強く、それぞれの店舗で大きくサービス内容が異なるという違いが存在することをまずは知っておく必要があります。

わかりにくい工務店とハウスメーカーの違いとそれぞれの特徴

注文住宅の建築をする場合には、自分で建築する人はほぼいません。

中には素晴らしい技術を持っており、その人が建築しているケースもありますが、99%は工務店やハウスメーカーが建築しています。

いざ自分で住宅建築をしようと決めた場合、どちらかの会社を選ぶことになりますがよく聞くこの2つの名前を正確に区別できている人はあまりいません。

見た目からもわかりにくいため、判断が難しいといえます。

では、この2つは一体何が違うかと言えば、工務店の場合は基本的にあまり横に展開しない流れになっています。

つまり、1つの地域に密着している傾向があるわけです。

全国展開をしているケースもありますが、かなり例外的と言えるでしょう。

それに対してハウスメーカ-の特徴には、全国展開している可能性が高くなります。

加えて、予算もそれなりにあるためよくテレビコマーシャルなどで宣伝を行っています。

地域密着型ではありませんがたまに地域密着しているところもあるかもしれません。

工務店でマイホームを建てるメリット

マイホームに注文住宅を建てることが決まったら、施工を依頼する建築会社を選ばなければなりません。

はじめての家づくりは、楽しみと不安が入り混じります。

施工先の一つである工務店ではどのような家づくりが行われているのでしょうか。

工務店は会社の規模はそれほど大きくなく、地元を中心に営業活動を行っています。

地元の情報に詳しかったり、その地域ならではの家づくりが得意なことも。

また設計の自由度が高く、融通が利きやすいといったメリットがあります。

そのため家づくりにおいて、こうしたいという明確なイメージがある方や細部までこだわりたい方に向いています。

工務店によって品質や技術は変わってきますが、それぞれに個性があり設計やデザインに独自の強みを持っていることがあります。

地元にあるという安心感や身近に感じられ、何かトラブルがあった際も気軽に相談できたり駆けつけてもらえます。

工務店ならではのメリットをふまえて、マイホームの依頼先を検討すると良いでしょう。

工務店で家づくりをするときの予算相場

工務店で注文住宅を相談する場合予、算に関しては少なくとも3000万から4000万程度を考えておくと分かりやすいです。

新築一戸建てとして家族で暮らすことを想定している場合は、この程度の金額を考えておけば十分に快適な設計を行っていくことが可能だからです。

ただし、必ずしもこれだけのお金が必要になるというわけではありません。

注文住宅の予算に関しては、すごくばらつきがあってどういった業者に対して相談するかによって全く異なっているという特徴があります。

これは、一から設計を行っていくことができるという特徴からあらかじめ業者側に対して予算を伝えておくことができるからです。

例えば、狭小住宅や注文住宅で設計をしてもらいたいと考えているケースでは1000万円台からでも十分に注文を行うことが可能です。

小さな土地であったとしても、それに見合った設計を行っていくことができるのが工務店の注文住宅の最大のメリットだからです。

そのため、相場についてはあらかじめ制限を設けるのではなく必ず話し合いの中でどういった金額になるのかということを確認することが重要です。

工務店でマイホームを建てるなら注意したいデメリット

マイホームを建てるにあたり工務店に依頼することで、自由度の高さやコストパフォーマンスの高さ、家作りを隅々まで決められるなどのメリットがあるものの、反対にデメリットがあるのも実情です。

デメリットに挙げられることの1つ目には、品質が一定ではないことが挙げられます。

一品生産となりシステム化されていないことから、品質が一定でないことを覚えておきましょう。

最悪の場合には、何らかの問題を抱える欠陥住宅になってしまう可能性も考えられます。

工務店は社長や大工などの技術により出来上がるものも大きく異なるため、これは避けられない問題です。

このようなことから、担当する大工がどのような人物なのか、自分の目で見極めることが大切です。

そして二つ目にはメンテナンス費用がかかることです。

これは一品生産ゆえの悩みとも言えますが、設備等において汎用性がないものを入れていた場合には、メンテナンスの際にも費用がかかります。

それを受け入れるかどうかは施主の判断ですが、規格商品と比べるとメンテナンスに費用がかかることを覚えておきましょう。

最後に倒産のリスクがあることです。

ハウスメーカーと比べると経営規模が小さいので、倒産するリスクが高まります。

施工可能なエリアがある地域の工務店

地域密着型の工務店では施工の範囲がある程度決まっています。全国展開するようなハウスメーカーとは違い、個人経営や中小企業など工務店は会社の規模が小さいため、施工できる範囲が限られてしまいます。そのため地元を中心に周辺エリアのみだったり、県内、隣接する県などが対象です。場合によっては対象の範囲外でも応相談で、対応していることもあります。依頼する際は事前にホームページなどで、施工可能なエリアであるか確認しておくと良いでしょう。この施工可能が狭いということは一見デメリットのように感じてしまいますが、地元に根ざしておりその地域の情報や土地勘に詳しいといった特徴があります。風土にも詳しく、その土地ならではの家づくりを得意とすることも。施工範囲が狭い分、家のトラブルの際にすぐに駆けつけてもらえたり、気軽に相談しやすいと言ったメリットも。自宅の近くで営業活動を行う工務店は、身近に感じられる頼りになる存在です。

工務店でも地震に強い家は建てられる?

工務店というと、コンセントの増設やクロスの張り替えやトイレ・キッチン・浴室のリフォームや外壁塗装などをする業者というイメージをするかもしれませんが、会社名に工務店という文字が入っているだけで、建築会社やハウスメーカーと同様の事業を行っているところも数多く存在します。地震に強い耐震性能に優れた家を建てることも可能ですし、断熱性能が高い快適な住環境を作ることも出来ます。会社名だけを見てその業者の事業内容を判断するのではなく、ホームページの会社概要などを見てどんな業者なのかを見極めるべきです。昔からある地域密着型で老舗の工務店は、その土地の地形や特性や気候などを知り尽くしており、蓄積された地盤データの量も膨大です。地震が多発するエリアに家を建てる場合は、耐震補強工事などを得意としている地元に根差した工務店を選ぶのが安全かつ安心です。震災が生じたときに、ダメージを受けていない建物を探して施工業者をチェックしてみるのも良いでしょう。

狭小地や変形地でも工務店で家は建てられるの?

狭小住宅など、土地の形が少し特殊であったとしてもきちんと設計や建設を行ってくれるのが注文住宅の最大のメリットです。特に、工務店に関してはその地域に密着した特別なサービスを提供してくれますので、狭小地などであっても全く問題はありません。実際に、注文住宅は一般的な新築一戸建てと異なって非常に安い価格で物件を提供できる魅力があります。例えば、大手のハウスメーカーではきちんとした土地や住宅設計を行って提供するときに相場として3000万円から4000万円程度の費用が必要になることが多いです。一方で、工務店が考える狭小住宅などの場合には1000万円台から住宅を提供できるという魅力があります。工務店の魅力は、その土地に応じた最善の設計を行っていくことができるという点です。予算をあらかじめ伝えておいてどういった土地であるのかということを正確に把握してもらえれば、それに見合った物件を十分に建設できますので安心して任せられます。

光熱費を節約できるエコな住宅も工務店では建築可能

光熱費を節約したい、そういう住宅を建築したいという場合は、工務店に相談しても可能だといえるのではないでしょうか。工務店は地域密着型で木造の注文住宅を手掛けるわけですが、近年は時代のニーズを反映して、エコに力を入れているところが少なくないです。むしろ省エネ性能や光熱費の節約を前面に打ち出し、時代にあった住宅の建築相談に乗る工務店が増えている傾向です。木造は断熱性、気密性が低いというのは今や過去のもので、十分に光熱費が節約できるエコな住宅が実現しています。天然素材ならではの強みを活かし、断熱性や気密性を高めて快適な住環境を作り上げることができるわけです。工務店は木造に精通していますから、当然ながら木材についても知識が豊富ですし、有効活用する技術やノウハウも有しています。長所と短所の両方に理解があるので、長所を伸ばしつつ短所を打ち消して家づくりに活かすことができますから、光熱費の節約を重視したい場合の相談先として有力な候補になるのではないでしょうか。

工務店には建て替えやリフォームの相談もできる?

地域密着型の柔軟な対応ができる工務店もあるため、建て替えやリフォームにも対応してくれる可能性がある点にも注目です。スタッフ対応がとても丁寧で、またお願いしたいと思える業者だったときに、リフォームや建て替えの相談をしたいときにも対応できると安心感を持てます。工務店それぞれ特徴があるため、その企業のことを知ってから依頼することも必要です。料金の安さばかりに注目するのではなく、その後も依頼したいと思える起業家をチェックすることも重要になります。家のことでちょっとした修理でも快く対応してくれる業者もあり、修理の依頼なども行っているうちに、新しく変えたい箇所が出てきたときの相談をして、見積もりを出してもらうこともできます。柔軟に対応できる業者だと、実績があるため、いろんな口コミ情報が集まります。口コミ情報をチェックしながら、相談しやすい業者を見つけることができるように、比較をしながら決めていくことも大切なポイントです。

工務店に関する情報サイト
工務店の選び方

このサイトでは、工務店によくある疑問を解消していきます。
一般的に、住宅購入を行う場合にはどういった形で話を進めていけばよいのかが良くわからないことも多いです。
特に、大手ハウスメーカーとの違いが判らない人は少なくありません。
サポートや在籍しているスタッフ、あるいはサービス内容から全て異なります。
目的に応じて、これらの業者の正しい選択をしなくてはいけませんのでまずはその違いを知っておく必要があります。

Search